青木木米買取
評価・人気度 AA
人気モチーフ
山水
江戸後期の文人画家・陶工。京都生。通称は木屋佐兵衛、別号に聾米・九々鱗等。奥田穎川に陶法を学び、粟田に築窯。染付・青磁・赤絵・南蛮等の作風を受けて、煎茶器を中心に独自の境地を開く。天保4年(1833)歿、67才。
お問い合せ画面へ