伊藤若沖買取
評価・人気度 AAA
人気モチーフ
風景
江戸中・後期の画家。京都生。名は汝鈞、字は景和、別号に斗米庵・米斗翁等。初め狩野派、のち宋・元・明画や尾形光琳を研究し、独特の画風を創り出す。特に「若冲の鶏」と言われるほど鶏の画を得意とした。寛政12年(1800)歿、85才
お問い合せ画面へ